So-net無料ブログ作成
環境保護 ブログトップ

ストローを無くすより・・・ [環境保護]

ここ最近、プラ製のストローやレジ袋を廃止する動きが出てきていますね。

それはなぜか。
海中のマイクロプラスチック(MP)による汚染問題に対処するため。

そうですよね。
そもそも、最初からプラスチックを使わなければ
回収されずに海に流出したものがMPになることはないですから。


日本は、プラスチックのリサイクルにおいては
世界でも優秀な成績を誇っているのだとか。

しかしその一方で、現在、海中を漂うMPの発生国としても
順位は低くないそうです。

日本周辺海域のMP量は

1平方キロメートルあたり100万個

太平洋全体の平均が1平方キロメートルあたり10万個ほどなので
圧倒的な数字です。


ショックです...


もちろん、日本だけが排出したものではありませんが
その海域の海産物を日々口にする我々日本人は
それだけ汚染の影響を受けるということです。

早々になんとかしなければいけない大問題ですよね。
そこで始まったのが、ストローやレジ袋の廃止運動というわけです。

が。

聞くところによると
ストローやらレジ袋が占める、全MP量における割合は
1%にも満たないのだとか。

だとしても、何もしないよりはマシでしょう。

しかし、なんのためにそれをするのか・・・と考えたときに
果たして、現在とるべき最良の策といえるのかどうか
「1%未満」という数字を聞いた時点で疑問を感じてしまいました。


誰が出した、どーだ、あーだ・・・責任を押しつけ合うのも結構ですが
わたしたちの子供や孫の世代、その先の世代のことを考えて
今、いちばんにすべきこと。。。それは

海中のMPを増やさないこと

単純明快です。
簡単なことではないけど...

でも、とにかく一刻も早く行動を起こすことが大事!


ということで、以前にニュースを読んでいいなと思ったのが
ゴミ拾いボランティアNPOのグリーンバードの活動です。

”KEEP CLEAN, KEEP GREEN.”を合言葉に活動する団体で
ゴミに対する意識向上を目指して各地で清掃活動を行っています。

個人や企業とのコラボ企画なども開催していて
大きなイベントのあとの街中のゴミ拾いや定期清掃など
みんなで楽しく活動し、その輪を世界にも広げています。

このグリーンバードは海岸のゴミ拾いにも力を入れていて
海洋プロジェクトを通してMP汚染問題を訴えるなど
これからの海洋MP対策をリードする頼もしいNPOです。


海岸に落ちているペットボトル1本=約30g

太平洋の1平方キロメートルあたりのMP10万個=約10g

この数字を見れば、海岸のゴミ拾いがどれだけ重要か
一目瞭然ですよね。
(そもそもゴミを捨てるな!という話ですが...)

ストローやレジ袋排除よりも、効果てきめん!


もちろん、MPを増やさないようにするだけではなく
同時に、今あるMPを除去することも考える必要があります。
むしろ、いちばん緊急性が高いでしょう。

一刻も早くその技術を確立して
問題解決に向けて有効な行動をとることができるよう
世界で協力していくことが大事だと思います。


とりあえず・・・
私にできることはなにか。
考えて行動しようと思います。







nice!(3) 
共通テーマ:blog
環境保護 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。